Pocket

みなさんこんにちわ!

 

今日はWORLDTRADERを使いこなすのに欠かせない、APIについてです。
言葉はよく目にするけれど、なんとな~く理解している方も多いのではないでしょうか?

 

WORLDTRADERを活用していく上でも欠かせないこのAPI。少し見てみましょう。

 

そもそも、APIって?

”アプリケーションプログラミングインタフェース(API、英: Application Programming Interface)とは、
広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。”
出典:ウィキペディア フリー百科事典より

 

ふむふむ。なるほ・・・・

 

・・・難しい!

 

わからない!!

 

で、調べてみました。

 

簡単に言うと、自分のソフトウェア機能の一部を公開し、他のソフトウェアでも機能の一部を共有できるようにすることです。
ただし、何でもかんでも無制限に使用できるようにするのではなく、
ルールに基づいて共有していくことが大前提になっています。

 

開発側の手間も省け、効率的に開発を行うことができ、利用者もお手軽に共有できるメリットがあります。

 

上記のような仕組みがAPIです。

 

WORLDTRADERでもこのAPIを活用して、取引所との連携を行っています。

 

アプリで連携する場合にはお使いの取引所から、「API鍵」と「秘密鍵」を取得してください。

それをWORLDTRADERにログインしてAPIでつなぐから入力すればOK・・・

 

なのですが!

 

ここからが重要です。

アプリ内にPDFマニュアルがありますのでよ~く熟読してください。

 

どれもスタンダードなことですが、とても重要なことです。

 

自身の資産を守るためにかならず目を通して実行してくださいね!

 

ん??

待てよ・・・?

 

本当にWORLDTRADERで取引所と情報を共有しても大丈夫なのかな?

 

そんな方は以下FAQ参考にしてみてください。↓↓

APIに関するQ&A

Q:APIを使って各取引所と接続するのは、セキュリティ上危険はないのでしょうか?

A:APIで接続した状態というのは、本人認証された状態とご理解ください。
例えば、取引所に二段階認証などしてログインするケースは、ビルの正面玄関から警備員のチェックを経て中に入るイメージですが、
API設定した状態は、裏口から入館証を使って入るイメージです。フィッシング詐欺が起こることもなく、セキュリティ的に安全です。

 

Q:API設定で(つなぐ)はどのようにして行いますか?

A:各取引所で「APIキー」と「パスワード」を取得できるため、これらをアプリに入力(設定)するかたちになります。
APIキーなどの確認方法は、各取引所で異なりますが、対応する全取引所のマニュアルが用意されますので、ご安心ください。

 

Q:API設定したスマホが盗まれた場合や、不正ログイン時、全ての資産を失うリスクがあるのではないですか?

A:万が一そのようなことがあった場合、仮想通貨の売買が行われてしまうリスクはありますが、
APIからの操作では「送金」は行えないように設定できるため、設定により外部に持ち出されることはありません。
また、送金の際は、登録メールへ届くリンクをクリックすることで送金確定できる取引所も多いため、
盗難リスクは限りなく低いといえます。

 

Q:ワールドトレーダーのサーバー側のセキュリティーは安全ですか?

A:APIキー情報などの特に重要な情報は、ネットワークから切り離して管理されるため、
サイバー攻撃により重要な情報が漏洩する可能性は限りなく0に近いと言えます。
さらに今後は、インターボルトというセキュリティシステムを導入します。
インターボルトは万が一セキュリティ事故があった場合、個人一人あたり10億円まで補償される保険ですので、
「万が一の万が一」に備えられているセキュリティとご理解ください。

 

アプリリリースが始まり、これからどんどん使いやすさが改善していくと思います。

 

それに伴い、FAQも増えて行くと思いますので随時お知らせしていきますね!

 

大切な資産を快適に管理し、増やしていくためにも不安を可能な限り減らして、

 

WORLDTRADERを活用しながら資産管理を進めていきましょう!

オススメ記事